読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きまぐれレビュー

見たものをきまぐれにレビュー

いとこのビニー

 Odai「最近見た映画」

【いとこのビニー】

1992年に公開されたコメディー映画。

ニューヨークからカリフォルニアまでアメリカ横断ドライブをしていた大学生の男子、ビルとスタンの2人が、途中でよったアラバマ州のスーパーで強盗殺人犯に間違えられて警察に捕まる所から話が始まります。

あらすじですが・・・

その捕まり方というのが、スーパーでツナ缶を運ぶのに上着のポケットにいれていたのを支払いし忘れ店を出てしまい、それだけの為に警察に追われていると勘違い。署に着いて尋問を受け「罪を認めます」と言ってしまい、後から強盗殺人のことを聞かれていたと判明。気づいた時には、時既に遅し!無罪を証明できなければ死罪は免れない。お金のない2人が弁護を依頼することになったのはニューヨークに住んでいるビルのいとこのビニー。そのビニーはレザージャケットを着て法廷に現れる破天荒で、しかも今まで法廷に立ったことのない、経験0のなりたて弁護士だった。

ニューヨーカーの彼らが対することになるアメリカ南部のカルチャーショックがおもしろおかしくかかれていて、同じ国内のことなのにすごい違うなーと(笑)

見栄っ張りだけど、婚約者に焚きつけられながら最期には本領を発揮するビニーは見ていて痛快!婚約者のリサは頭がよくてキツい感じなんだけど、なんだか可愛い。イイ女。

 

何も考えずガッハッハと笑えるような映画です。

★★★★☆

 

いとこのビニー [DVD]